MOMENT

洋菓子店「REMERCOEUR(ルメルクール)」は、オーナーパティシエである大江正氏の1号店。白を基調にした設えは、大江氏が生み出す美しく洗練されたケーキのたたずまいを空間全体で表現したもの。ケーキの豊かな食感や繊細な造形をヒントに、さまざまな白を掛け合わせた。光沢を帯びた艶やかな白、手触り感のあるざらざらした白、天然石が醸す自然が生んだ白、鉱物を含み磨かれた白。それらの調和で洗練と柔らかさをつくり出している。ケーキと焼き菓子という二つの商品を取り扱う店内には、じっくり迷いながら楽しく品選びができるように、ゆったりと歩き回れる余白をつくり、来店者のための時間を意識した。これは大江氏が大切にする、訪れた方への心配りを空間化したものである。包装台はショーケースの並びに広めに確保し、包装中でも追加注文が躊躇なくできるよう、客と店員が常に向かい合う設えとした。厨房の窓は、来店者への応対を素早く行えるよう、店内とアプローチが一望できる位置に慎重に配置。洗練とホスピタリティーの両立を図っている。また、ロゴにはRとEの重複文字に異なるフォルムを与えて、ケーキ一つひとつの個性を表現。更に、パッケージやショッパーなど、手元まで空間とつながりあるデザインでまとめ、ルメルクールの世界観を隅々まで行き渡らせている。それにしても、美しい品々が並ぶショーケースを前にすると、あれもこれもと目移りしてしまう。ふと宙に視線をやると、弧を描くゴールドのリボンが思いを巡らす時間のよりどころになってくれるだろう。

REMERCOEUR

2019
クライアント : 大江正
写真 : 荒木文雄