MOMENT

大阪中之島。リーガロイヤルホテル内にある「PISA ROYAL」。前身の新大阪ホテルが開業したのは1935年。「ホテルの中に街を!」のコンセプトから欧米のブランドを揃えた大型のショッピングゾーンが完成しました。世界の一流ブティックのあるパリの「Palais Royal」にちなみ「パレロイヤル」と名付けられました。1973年、ハイジュエリー、プレステージウォッチ、アンティーク、美術品など国内外の逸品を取り揃え、上質な時間・空間の中でショッピングを楽しめる特別な場所としてPISA ROYALは誕生しました。我々はこれらの重厚な歴史・ブランドストーリー、そして水の街「中之島」というロケーションを頼りに、現代における上質な空間を表現したいと考えました。ハイジュエリー、プレステージウォッチ、アンティーク、美術品を扱うエリアに加え、より豊かな時間を過ごしてもらうためサロンとBAR、2つのコンテンツを加え、それらの空間を象徴的なゲートでつなげました。ゲートをくぐることでシーンが変わる様子は、まるで邸宅の中を歩いているかのようです。上質な商品と呼応するように内部の設えは平坦ではなく、表情そして深みのある素材で仕立てました。サロンでは様々な商談や展示会が開かれることから、一部を広い試着室として使用できる等、重厚でありながらもフレキシブルな計画としています。BARではより深いコミュニケーションが生まれ、お酒を愉しみながらジュエリーやウォッチなどを選ぶことができます。背面の象徴的なワインボトルは、錫の街、大阪の歴史的背景から錫箔でコーティングされ、鈍く光を拡散し上質な雰囲気を醸し出します。PISA ROYALの敷地を取り囲むように配置されている柱は、ガラスとタイルの異素材で構成することで水面の反射を表現しています。アンティークゾーンの特注のカーペットは、中之島を取り囲む水面をモティーフに、PISAのアルファベットをパターン状に織り込み、現代的な解釈で表現しています。意識を変える空間と空間をつなぐ大胆なゲート、歴史や商品に呼応する素材、細部まで拘ったディテイール、それらが一体となり、上質な空間・時間が編み込まれていきます。

PISA ROYAL

2020
クライアント : ピサ
写真 : 荒木文雄