MOMENT

日本を代表する世界的なタイヤブランド「ブリヂストン」の企業ミュージアム。タイヤという誰もが知っているソリューションを軸に、ブリヂストンが目指す新しいイノベーションを子供にもわかりやすく、体験を通じて知ってもらえる施設を目指しました。従来型の活字やパネルに頼った説明的な展示空間を脱却し、環境や光、身体や体験を通じて理解を深めてもらう挑戦的な試みです。それぞれ個性を持った4つのゾーンの体験を介してブリヂストンのこれまでの歩み、魅力的な製品、モビリティ社会、最新のテクノロジーについて知ることができます。「1.WHO WE ARE」ゾーンでは、一筋の赤いラインを空間に走らせ、それを辿ることでブリヂストンの歴史を知ることができます。「2.WHAT WE OFFER」ゾーンでは、様々な車両タイヤが勢揃いする「タイヤパーク」を中心に、今までつくられてきた製品やこれからのソリューションを、体験しながら学ぶことができます。「3.HOW WE CREATE」ゾーンは、透過膜のベールに包まれた研究所のような空間で、最新技術が反映された製品に触れることができます。「4.WHERE WE GO」ゾーンでは、体を包み込むような映像で、ブリヂストンのイノベーションを体感、没入することができます。エントランスのダイナミックなドットアートは、来館する人々、原寸大の車や飛行機、その背景の木々がレイヤー状に重なることで、ブリヂストンのCSR体系に掲げる「Mobility」「People」「Environment」が一枚のアートとなるようにデザインしました。折り重なる風景の中に太陽光が差し、床面に美しい影を落とします。11種の車両が原寸でレイアウトされ、実際のタイヤの大きさを体感できます。ドットアートの大きさは全長35メートル、全高7メートル。様々な大きさの約3万個のドットを手作業で配置しました。数カ所に子どもたちが宝探しをするためのロゴマークも隠されています。子どもたちがブリヂストンを身近に感じ、お父さん、お母さんにキラキラしながら体験を語ってくれる「リバースエデュケーション」を実現しています。

Bridgestone Innovation Gallery 3

2020
クライアント : 株式会社ブリヂストン
写真 : 荒木文雄