MOMENT

殆どのオフィスビルは、物件を借りる時点で既にビルの仕様で施工され、家具を並べるだけでオフィスが完成する便利なシステムになっている。反面、独自に手を加えるには、既存部分の撤去、新設、原状回復工事で費用と工期が嵩む。本プロジェクトは、ITコンサルタントを主とした6つの関連会社が1つに集まるオフィス空間のデザインである。新規の施工を最小限にし、今後の移転や拡張を見据え、家具やアート等、効果的に継承できる部分に予算をかけた。作って壊すのではなく、継承していくことは一つのサスティナブルな回答だ。求められたのはアイデアの触発。6社が1つに集まることでスペースの効率化と会社同士の接点を増やし、シナジーを誘発することを目的としている。フロア全体を手前からエントランス、会議室、ワーキングスペース、個室の順に層状に配置し、関連会社同士が緩やかにつながる構成とした。コンサルタントの仕事はホワイトボードを多用することから、殆どの壁をホワイトボードで仕上げ、瞬時に書けて、どこでもディスカッションができ、各社の進行中案件を可視化・共有化できる環境に仕立てた。また、9名の国内外のアーティストを選定し、コミッションワークを含む23点のアートを散りばめた。アート作品と壁の走り書きが重なり、常に新鮮なアイデアを誘発していく。アート作品の中に紛れる壁面グラフィックは、6社を束ねるBIGr.のロゴ。6社の強い繋がりをつくるため、各社とそれを束ねる「BIGr.」のブランディングも同時に行った。

BIGr.

2020
クライアント : 株式会社ビズオース
写真 : 荒木文雄