MOMENT

1977年より藤沢市善行の地元の方々に愛されてきた揚げ物屋ビーバー。 多種多様の食品を注文を受けてから揚げ、熱々をその場でスナック感覚で食べることができる、地元民にとっては子供の頃から慣れ親しんだ有名店です。店舗は老朽化を理由に閉店することになりました。ビーバーの閉店は新聞でも話題となり、それを読んだ地元出身の男性が新オーナーに名乗りを上げ、事業を継続しリニューアルオープンしました。MOMENTは、リニューアルに伴う店舗デザイン、ロゴ、メニューボードのグラフィック、スタッフのユニフォームデザインなどのクリエイティブ・ディレクションを担当しました。ビーバーのコンセプトは「何でも揚げるぜ!」。その個性を最大限に引き出すため、今までの「揚げ物屋」から「揚げ物ラボ」へ劇的に変身させました。店舗は「油」をイメージする色=黄色をメインカラーにし、外装は黄色いガラスで覆われています。外から見ると、まるでお店全体が油で満たされているような佇まいです。床と壁は黄色の塗料で塗られ、油のプールに浸かっているかのようです。スケルトンの天井はキツネ色に塗装し揚げ物の香ばしさを表現しています。揚げ物はシズル感が重要。揚げ場の音も空間要素の一つと考え、客席の最も近い位置にフライヤーを配置しました。調理中の音が店内に響き渡り、食欲を唆る香りや温度も五感で感じることができます。またこのお店のオーナーが行う障害者支援事業に配慮し、障害を持った方でも難なく働けるように、店内と厨房の見通しが利き、シンプルな従業員動線を実現しております。

BEAVER

2021
クライアント : 社会福祉法人 喜寿福祉会